食洗機で水を節約する

システムキッチンなどではビルトインタイプの食洗機が一般的ですが、少し前のキッチンではついていない、後からつける必要があることがあります。手洗いと食洗機ではどちらがお得かと言いますと、水の節約面から見ると圧倒的に手洗いの方が水を使用しています。自分の使用量の注意としても限界があり、なんども水を使用するわけではありません。その点、食洗機は循環して水を使用するため節約につながります。きれいに洗えないという経験をしたことがある人は、少しだけ水洗いするときれいに落ちます。放置したこびりつきは難しいですが、食べた後はすぐに水に浸しておくなどすればきれいに洗うことができます。後からつけると割高ですが、ランニングコストを見ると、手洗いよりも断然お得で、自動であるため時間までも節約できるのが忙しい日々にはもってこいのアイテムです。

食洗機は機種置き場と使い方に慎重な配慮を

食洗機の魅力は洗う前の食器をそこに入れてしかるべき場所に専用の洗剤を入れてスイッチを押すと機械が勝手に洗ってくれることです。そのため忙しい人にはもってこいの機械となります。ただしこの食洗機をうまく使おうとする場合は機種を置く場所と使い方に慎重な配慮をしなければなりません。まず機種を置く場所ですが、これはビルトイン方式でないことが望まれます。というのはビルトイン方式にした場合は故障などした時に買い換えがやりにくくなります。なぜならその大きさの規格の機種でないとそこに安定して入らなくなるからです。そして価格自体も高くなりがちになります。それから使い方自体にも配慮をしないとならない場合があります。というのは専用の洗剤を入れておけば勝手に洗ってくれますが、1回や2回でなかなか落ちないような油汚れがひどいような食事をした場合は見た目は確かに汚れは落ちていても触って見たら油汚れが落ちてないということもしばしばあります。そうなるとあらかじめそのようなひどすぎる汚れの食器は手洗いをしないとなりません。なのであまり任せっぱなしにしておかず、しばらくの間は様子見しながら慎重に扱う必要があります。

食洗機を購入しましょう

食洗機は今やどこの家庭でもあるといっていいほどかなり普及してきています。お皿や鍋などを自動で洗浄してくれるもので、手で洗う必要がないため主婦にとってかなり役立つものだと言えます。最近では主夫の方も増えてきているので、皿洗いが苦手な方にもとても役に立つものになります。食洗機はかなり多くの種類があるので、実際に自分がどの商品が欲しいのかということを決めるために、実際にお店に足を運ぶことが大事です。体験できる場合も多く、使い勝手などを参考にすることも重要です。自分が使うものなので、一番使いやすいものを使うことが大切になってきます。ブランドで選ぶということも重要かもしれませんが、それよりも値段を重視するということも一つの選択する方法です。友人や家族にも体験してもらって、意見を聞くということも大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*